【2023年】ハロウィンの仮装コスチュームはどうする?子供向けの衣装・今年の傾向を紹介します

トレンド

 

近年、日本でも盛り上がりを見せているハロウィン。

もともと古代ケルト人のお祭りですが、アメリカでの隆盛を経て、アジア圏にも浸透してきました。

今では、小さなお子さんをお持ちのご家庭では毎年楽しんでいるところが多いかと思います。

さて、毎年悩むのが仮装の衣装ですよね。

「みんな、どれくらいの予算なの?」

「今年は何が人気?」

「ミシンが苦手なので、手作りはちょっと…」

そんな方に向けて、2023年の傾向をリサーチしてみました。

スポンサーリンク

ハロウィンにはどうして仮装するの?起源を解説

そもそも、どうしてハロウィンには仮装をするのでしょうか?

その源は古代ケルト人の信仰です。

古代ケルトで10月31日は大晦日。

サウィンというお祭りが行われていました。

基本は秋の収穫祭ですが、死者を供養する日でもあります。

この日は死者があの世から帰ってくると信じられていたため、ケルトの子供たちは仮装をして「悪霊のふり」をしました。

「仲間だから見逃して」というわけですね。

このため、ハロウィンの仮装は魔女、黒猫、コウモリ、ドラキュラ、フランケンシュタインなど「怖いもの」が主流でした。

アメリカのハロウィンをニュース映像で見ると、ホラー映画の登場人物を模したコスプレが多いのはそのためです。

この傾向は宗教色の衰退とともに弱まっており、最近ではアニメのキャラクターや話題の人物のコスプレが目立ちます。

例えば、2000年代には日本の歌手PUFFYがアメリカで人気を博しましたが、ハロウィンには彼女たちの仮装をした少女が大勢いたそうです。

2023年ハロウィンの子供向け仮装コスチューム

ハロウィン 子供向け仮装のテーマ

昨今、ハロウィンの前になるとAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングでもコスプレセットが販売されていますね。

子供向けの売れ筋はやはり、定番の魔女、黒猫、かぼちゃ、魔法使い、コウモリ、ドラキュラなど。

女の子向けで人気なのはやはりディズニーキャラクターのコスプレ。

ラプンツェル、アナ、エルサ、白雪姫、ミニーマウス、アリス、などアニメでおなじみのキャラクターの服装が勢ぞろい。

女の子向けの仮装は、今年は6月に実写版が公開された『リトル・マーメイド』のアリエルが注目されています。

『リトル・マーメイド』のコスプレと聞くと「難しいのでは?」と思いましたが、人間になってからの衣装でした。(笑)

男の子向けは相変わらず人気のポケモン、トイ・ストーリー、ハリー・ポッター、ミニオンズなど。

幼児向けにはハロウィンにちなんだかぼちゃ、動物コスチュームが人気です。

ひよこ、パンダ、猫、犬、ペンギンなどおもわず頬がゆるくなるものばかり。

これはハロウィンだけでなく、お家のパーティなどでも使えそうですね。

ハロウィン 子供向けコスチュームの価格

ハロウィンの仮装コスチュームの売れ筋は1,000〜3,000円台。

今回、調べていて驚いたのがYahoo!ショッピングのランキング。

子供向けの仮装コスチュームはランキング1位から30位までほぼ1,000円台かそれ以下なのです。

世のお母様方はお金をかけずに賢く楽しんでいらっしゃるな、と感じ入りました。

また、全部そろえなくても、魔女の帽子、マント、杖など特徴のあるものだけを購入し、下に着る服は普段着を工夫するのもあり。

アイディア次第で素敵な仮装ができそうですね。

https://twitter.com/yuyu_sn216221/status/1714964611580248408

まとめ

ハロウィンに仮装をする起源は古代ケルト人の信仰。

10月31日には死者がこの世に戻ってくると信じられていたためです。

ケルトの子供たちは「怖いもの」の仮装をして悪霊に「仲間」だと誤認させる風習がありました。

近年、宗教色が減退するにしたがって、「怖いもの」の仮装も減る傾向にあります。

2023年、ハロウィン向け子供の仮装コスチュームは定番の魔女、魔法使い、ドラキュラ、黒猫、コウモリなど。

実写化で話題になったディズニーの『リトル・マーメイド』アリエルの衣装も人気です。

売れ筋の価格帯は1,000〜3,000円。

ちょっとした工夫で素敵なコスチュームになりそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました