【2023年12月】Netflixで視聴できるクリスマスに家族で見たい映画特集

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク

もうすぐクリスマス。

ママさんたちはリースやツリーを飾り、ディナーやケーキの準備に余念がないことでしょう。

食事のあとは家族みんなで映画鑑賞するのも楽しいもの。

年末の忙しい時期ですから、レンタルDVDを借りに行く手間、返却する時間は省きたいのが人情ですよね。

クリスマスの映画鑑賞はサブスクを利用するのが一番です。

この記事ではクリスマスにNetflixで視聴できる家族向けクリスマス映画について紹介したいと思います。

画質にこだわりがなければ、広告付きスタンダード月額790円で充分楽しめますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Netflixで視聴できるおすすめクリスマス映画5選!

『グリンチ』(2018年)

原作は絵本『いじわるグリンチのクリスマス』。

1957年にドクター・スースによって発表された児童文学です。

ひねくれた性質を持つ緑色の怪物グリンチが、みんなが大好きなクリスマスを台無しにしようと画策しますが、心優しい少女と出会い改心するストーリー。

アメリカではクリスマスのキャラクターとしてとてもポピュラーな存在です。

ティム・バートン原案の名作アニメ『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の元ネタとしても知られていますね。

アメリカではこれまでに3回映像化されていますが、Netflixに入っているのは2018年版の3Dアニメーション映画。

ベネディクト・カンバーバッチがグリンチの声を担当しています。

『クリスマスと呼ばれた男の子』(2021年)

Netflixオリジナル作品。

主人公ニコラスはごく普通の少年。

ある日、伝説のエルフが住む村エルフヘルムを探すために旅立ったまま帰ってこない父親を捜すため冒険に出ます。

お供になるのはトナカイのブリッツェンとペットのねずみ。

一人と二匹の前に様々な困難が待ち構えています。

クリスマスの始まりを描いたファンタジーで、イギリスらしい上品さが魅力ですね。

『ひつじのショーン~クリスマスの冒険~』(2021年)

ご存じクレイアニメの傑作シリーズ。

キャラクターグッズも人気のひつじのショーン、クリスマスストーリーです。

クリスマスを前にしたある日、大きな靴下を手に入れようとしたひつじのショーン。

ちょっとした思い付きが不測の事態を招くことに…。

コミカルな動き、カラフルな色彩、軽快な音楽が楽しいアニメ。

30分と短いため、小さなお子様でもラストまで飽きずに鑑賞できること間違いなしです。

何も考えずに鑑賞できる点がファミリー向けとしておすすめ。

『クリスマス・クロニクル』(2018年)

こちらもNetflixオリジナル映画。

ある年のクリスマス・イブ。

サンタクロースの存在を信じる10歳のケイトは兄テディにからかわれたため、サンタクロースがプレゼントを届ける瞬間を映像に収めようと計画を立てます。

しかし、そんなふたりのせいでサンタクロースはそりで事故を起こしてしまいます。

兄妹は自分たちの失態を償うため、クリスマスにプレゼントを配るため駆け回ることにー。

映画『ハリー・ポッター』、『ホーム・アローン』の監督が贈る心あたたまるクリスマスムービー。

わかりやすいストーリー、美しい映像、かわいい子役、CGの妖精たちがキュートなクリスマス映画です。

https://twitter.com/gayfox5469/status/1737274738559631547

『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)

ロアルド・ダール原作、ティム・バートン監督で贈るちょっとダークなファンタジー。

貧しい家の子供チャーリーが、ウィリー・ウォンカのチョコレート工場へ入るゴールデンチケットを手に入れます。

チケットを入手したほかの子供たちと工場見学へ行きますが、そこは想像以上に不思議な空間で…。

皮肉が効いたストーリーですが、ジョニー・デップが演じるウォンカのけたたましい笑い声とウンパ・ルンバのユーモラスな動作で相殺されています。

家族のあたたかさを感じる、クリスマスにぴったりの作品ですね。

2023年12月大ヒット上映中の『ウォンカとチョコレート工場』はウォンカが工場を作る前の前日譚という体裁をとっています。

全く別のスタッフ・キャストで作られたロアルド・ダールのチョコレート工場。

見比べてみるのもおもしろいと思いますよ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました