1. HOME
  2. Business
  3. 脱プラスチック!!竹で出来た“歯ブラシ”と”笑顔”で世界を変え始めたブランド
Business
bamboo-toothbrush-justsmile3

脱プラスチック!!竹で出来た“歯ブラシ”と”笑顔”で世界を変え始めたブランド

みなさん、こんにちは! メリッサです。 今回の記事では、東京で活動するJUST SMILEというブランドを紹介します。 JUST SMILEは、東京の国際基督教大学で勉強している若く情熱的な女性、ヘレナ・アンドレさんと山本和奈さんによって設立された竹製の歯ブラシを販売するブランドです。

二人とも旅行したり、世界中の遠く離れた小さな街を探索するのが好きです。彼女らは旅行を通して、私たちが自然界に及ぼす環境汚染やプラスチック問題を知り、他の誰かの行動を待つよりむしろ行動を起こすことを決心しました。こうして『JUST SMILE』が誕生しました!

今日は、 JUST SMILEの共同創設者の一人であるヘレナ・アンドレさんのインタビューをご紹介させて頂きます。私たちはここ日本でよりサステナブルなアイデアを広めること、ヨーロッパがどのようにリードを取っているか、そしてこのことが彼女らが行動を起こすのにどのように影響したかについてなどたっぷりと語り合いました。お楽しみください。

 

JUST SMILEの共同創設者、ヘレナ・アンドレさんのインタビュー

melisa-acosta-ramirez-ciclo-helena-andre-just-smile

メリッサ (CICLO創立者, 左)  ヘレナさん(JUST SMILE共同創立者, 右).

Melisa: こんにちはヘレナ!あなたにお会いできて光栄です!まず、本日はお時間をいただきありがとうございました。はじめに「サステナビリティ」という用語について学んだときのお話から始めましょうか。

Helena:とんでもありません、今回は時間を割いていただきありがとうございます。あなたのワクワクする新しいプロジェクトの一部になれればうれしいです!

そうですね、私は非常に若い頃から、「サステナビリティ=持続可能性」の一般的な考え方を知って育ちました。私はベルギーで育ったのですが、ここでは非常に幼い頃からそういった教育をされるのです。学校では、電気、水、電気などの資源を節約するように子供たちに教えています。しかし、2年前までは、「持続可能性」と「持続可能である」という用語が本当に何を意味するのかを理解していました。私はベジタリアンとなり、私たちが日々使用している天然資源についての意識を高めるようになりました。私はプラスチックの使用を削減し始め、再利用可能なアイテムやリサイクル可能なアイテムの量を増やし、私の食品廃棄物の量を減らしました。

私は国際基督教大学(ICU)の国際ビジネス交換留学生として日本に来た後、ここで使用されている膨大な量のプラスチックに愕然としました。この期間中にICUの中で和奈さんと出会い、私達は日本のプラスチック問題について共通の意識を抱えてました。

まず私たちは世界各地に旅行し、楽しく、手頃な価格で、誰もが理解しやすいものを発売したいと考えました。そこで竹製の歯ブラシを販売するというアイデアが浮かんだのです!サステナブルなライフスタイルへの変革は、予算を削減することを意味するものではありません。私たちは特にこのアイデアがまだ比較的新しい日本国内で誰にとっても経済的にアクセスしやすいものを作りたいと思っていました。開発された歯ブラシは、カラフルでキュートで使いやすいです。持ち運びに便利なトラベルケースも付属しています!

 

helena-andre-kazuna-yamamoto-justsmile2

Credit: Mayu Ono

Melisa: いつごろからJUST SMILEとしての活動に取り組み始めましたか? また「JUST SMILE」の名前の由来は何ですか?

Helena: まず、どんな言語でも発音しやすくて、すてきで、かつシンプルで楽しい何かを連想させる名前にしたいという思いがありました。ヨーロッパのグラフィックデザイナーである父親の親友の助けを借り、私たちのブランドイメージを表現した会社のロゴ、JUST SMILEのデザインが完成しました。

2018年9月27日に、Venture Cafe Tokyoで開催されたTokyo Tech Startupsイベントで、JUST SMILEの歯ブラシについての初めてのトークを行いました。ビジネスアイデアを生み出すための投資金はポケットマネーやクラウドファンディングページから捻出しました。ビジネスのアイディアを自分たちで管理したかったため、投資家との取引は避けたいと考えていました。

 

helena-andre-kazuna-yamamoto-justsmile-founders

JUST SMILE メンバー:山本和奈 (左), ニコラス・イエル (真中), エレナ・アンドレ(右) Credit: Mayu Ono

Melisa: なるほど!では、JUST SMILEでの各メンバーの役割分担について教えていただけますか?

Helena:そうですね、私は物流、管理、製品製造業者、メディア、そしてヨーロッパとのパイプ役を担当しています。一方、和奈さんはデザインとマーケティングを行っています。私たちは現在、日本でビジネス間の関係を確立しようとしています。 和奈さんは日本の地元の小売業者や小さな店との関係を築くため尽力しています。

ヨーロッパには、3人目のメンバー、ニコラス・イエルもいます。彼は私達の会社の全体的な財政を管理し、またオランダとドイツで私達の販売を果たしています。ベルギーにいる私の弟もまた、様々なイベントに参加することで私たちの名前を広めてくれています。

 

bamboo-toothbrush-justsmile-charcoal

ブリュッセル:JUST SMILE木炭いり竹歯ブラシ Credit: Mayu Ono

Melisa:なぜ竹製の歯ブラシを売ろうと決心したのですか?

Helena:まず第一に、竹への変更は非常にサステナブルです。私たちJUST SMILEの歯ブラシは、中国で有機栽培されたモソ竹製です。竹は、成熟するのに3年から5年かかり、再び再生して成熟するのにも同じくらいの時間がかかります。切られると自身で再生します。一本の竹から、450〜650本の歯ブラシを製造することができます。原料は中国から取り寄せ、カーボンフットプリントを削減するため日本国内で製造されます。

この材料が出荷されるとき、私達はプラスチック包装が使用されていないことを確認します。そして、現在日本国内でのみ販売されている製品の現地生産に取り組んでいます。私達の製造している歯ブラシはスモールまたは普通のサイズを選択でき、円形ハンドルの歯ブラシ(青/ピンク)と、木炭注入された剛毛で普通サイズのブラシの平らなハンドルの2種類があります。

歯ブラシ単品(400円)の他にトラベルケースセット(750円)もご用意しています!

 

kazuna-yamamoto-justsmile-educatefor

南アメリカの子供たちとJUST SMILEの山本和奈さん。 Credit: Mayu Ono

Melisa: お手頃な価格ですね!それなら学生でも買うことができそうです。次にCICLOの読者に向けてJUST SMILEの歯ブラシを購入するとどんなメリットがあるかを教えてもらえますか?またこれまで日本でどれほど売れましたか?

Helena: 和奈さんと私は、サステナブルな事業を創造するだけでなく、社会に還元することも重要だと考え、国際NGOのEducate Forと提携しています。彼らは世界的な教育の不平等と闘うことを目指している団体で、JUST SMILEの歯ブラシが一本売れるごとに南アメリカの子供たちに1本の鉛筆が寄贈されます。

つまり私たちの製品を購入すると、私たちの環境に前向きな変化をもたらすだけでなく、これらの子供たちの教育にも貢献できるということです!

私達は日本だけで合計約1000本の歯ブラシを販売しました。 和奈さんは南アメリカの子供たちのもとへを個人的に訪問し、そこで鉛筆を買い、笑顔で届けています。

 

helena-andre-kazuna-yamamoto-justsmile3

日本のクリスチャンアカデミーでJUST SMILE竹歯ブラシのポップアップショップ。Credit: Mayu Ono

Melisa: それは驚きです!地球環境のため自分の役割を果たすべきだと言われるとピンときませんが、困っている子供たちを手助けできるとなれば私たちのモチベーションも上がりますね!それでは、日本でサステナブルなベンチャー事業を経営する上で最も困難なことは何ですか。

Helena:最も難しいのは顧客に我々が竹製の歯ブラシを販売している理由を確実に理解していただくことだと思います。プラスチックの使用量を減らすために考え方を変える必要があると言うことを、まだ多くの人が理解できていな状況です。
私は、ベルギーから帰国した際に状況を比較して、日本はまだサステナブルな生活を送ることについての多くの認識を欠いていると感じました。私たちが言葉を広め続けることで、これらの取り組みの内容や事情をより多くの人々が知っていただけることを願っています。
交換留学生の私にとって、言語の違いは大きな障壁となるので、このプロジェクトを通し和奈さんとチームを組むことができて本当にありがたいです。

 

bamboo-toothbrush-justsmile1

ブリュッセル:JUST SMILE木炭いり竹歯ブラシ Credit: Mayu Ono

Melisa:素晴らしいチームですね。地球環境のため最善を尽くそうとする若い大学生たちにとっても大きなインスピレーションになると思います!最後に、JUST SMILEの今後の活動予定は?

Helena:ありがとうございます!それは何よりです!現在、オンラインで製品を販売し、消費者と直接連絡を取り合うことで、B to C での販売を行なっています。しかし、私たちは可能な限りサステナブルでありたいと願っていますので、今後日本の地元のお店や小売業者とのB to Bの関係も構築したいと思います。また、ホテルや航空会社へ連絡を取り、事業所でサステナブルなアメニティを取り入れていただけるよう取り組んでいます。
私たちは現在、誰でも手軽に非プラスチック製品に切り替えるための完全でサステナブルなキットを作成するため、2つ以上の製品の開発に取り組んでいます!

 

helena-andre-kazuna-yamamoto-justsmile

Tokyo Tech Startupsでプレゼンテーションをする2人。 Credit: Mayu Ono

Melisa: 素晴らしいですね!今後ともよろしくお願いします。それでは、CICLOの読者にメッセージはありますか。

Helena:サステナビリティとは、克服しなければならない巨大で圧倒的な山ではないのだと伝えたいです。サステナブルなライフスタイルへの変革は、簡単で手頃な価格、そして段階的に行うことができます。ほとんどの人々が現在の環境問題を知っているかもしれませんが、取るべき対策の手段を知らないか、または「地球に優しい」もののために予算をさこうと踏み込めないものです。
だからこそ私たちには、誰もがよりサステナブルになるために小さな変化を起こし始めることができると信じています。あなたが私たちの製品を買うかどうかにかかわらず、あなたは今からでも日常で使用するエネルギー量を減らすため小さな部分から変えていくことができるのです。
そして我々全員がそのスイッチを入れたならば、1つのシンプルな竹製歯ブラシから世界的に大きな変化を生み出すことができます!
私たちJUST SMILEの話を読んでくださってありがとうございました、今回の記事であなたが新しい何かを得られることを願っています!

 

JUST SMILEの詳細情報とサポートのご案内!

bamboo-toothbrush-justsmile2

上勝:JUST SMILEの竹歯ブラシ。  Credit: Mayu Ono

以上がJUST SMILEのヘレナ・アンドレさんとのインタビュー内容です。お話いただいたヘレナさんに感謝したいと思います。
彼女はヨーロッパだけでなく日本でも変革を起こす用意ができています。彼女の活動を支持したいと思った方はぜひ、以下のJUST SMILEウェブサイトから竹製歯ブラシを購入してください。私達ももちろんこの製品を購入し、デザインと品質が好きになりました。
それではまた次の記事でお会いしましょう。

Photo by Mayu Ono

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.