facebookで電話番号とメールアドレスどっちで登録?忘れた時の対処法!

トレンド

スポンサーリンク

Facebookのアカウントを登録する際に、電話番号かメールアドレスのどちらで登録すればいいのか悩んだことはありませんか?

アカウント作成は電話番号やメールアドレスのどちらかひとつでも可能ですが、電話番号を登録する際のメリットなどそれぞれの違いなども気になりますよね。

また、Facebookにログインする際に、登録してたメールアドレスや電話番号のどちらも忘れてしまった場合の対処法も気になりますよね。

そこで今回は『facebookで電話番号とメールアドレスどっちで登録?忘れた時の対処法!』としてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

facebookで電話番号とメールアドレスどっちで登録?

Facebookでアカウントを新規作成する際に、電話番号とメールアドレスのどっちで登録した方がよいのか気になってる方もいるかと思います。

結論からいうと、電話番号・メールアドレスのどちらか一つの登録で大丈夫ですが、メールアドレスがあれば電話番号は特に登録しなくても問題ありません。

電話番号は後からも追加可能ですし、電話番号でアカウントを作成すると、プロフィールで自分の電話番号が表示されたり、自分の電話番号から友だち検索される可能性もあります。

なので、Facebookの電話番号でアカウントを作成した際には、必ず設定で電話番号の表示を『自分のみ』にして、『電話番号を使って私を検索できる人』の設定もオフにしてくださいね。

ここまで聞くと、電話番号で登録するメリットってあるの?!と感じるかもしれませんが、電話番号を後から追加することのメリットももちろんあります!

電話番号を登録することのメリットについてもご紹介しますね!

Facebookで電話番号を登録するメリット

Facebookで登録した際に、メールだけではなく電話番号を登録することでメリットも沢山あります。

  • 電話番号でログインできる
  • 二段階認証により、セキュリティが上がる
  • 電話番号が登録されてる相手に『知り合いかも?』に表示されやすくなる
  • Facebook上であなたに最適な広告が表示されやすくなる

 

あなたの電話番号を登録してる人が、Facebookを利用した際に『知り合いかも?』と表示されて、あなたのことを見つけてくれる場合もあります。

また、電話番号を登録することでのメリットとしては2段階認証により、乗っ取りなどのセキュリティからアカウントを守ることが、メールアドレスだけより高くなります。

▼日ごろからセキュリティソフトを入れておくのも有効ですよ▼

なので、Facebookをメールアドレスか電話番号かどちらで登録する?との答えには『メールアドレスで登録して後から電話番号を追加』という流れがよいかと思います。

ただ、電話番号を追加した際にはさきほどお伝えしたプライバシー設定も忘れずに行ってくださいね!

Facebookのアカウント作成方法はこちらの公式ヘルプページを参考に作成してくださいね。

スポンサーリンク

Facebookでメールアドレスと電話番号両方忘れた場合

Facebookでメールアドレスと電話番号両方忘れた場合にログインできなくなってしまった場合、対処法が知りたい方もいるかと思います。

この場合の対処法についてもご紹介しますね(^▽^)/

ユーザーネームでログインする

 

Facebookでは登録してるユーザーネームでもログインすることができます。

ログイン画面で『アカウントを忘れた場合』からユーザーネームを入力して、送られてきたセキュリティコードを入力して再度、メールアドレスなど入力するとログイン可能です。

ユーザーネームを忘れた場合は友だちなどにあなたのFacebookページを調べてもらい、ユーザーネームを確認してくださいね。

ちなみに電話番号を登録しておけば、ご自身の端末から電話番号を確認してログインすることもできるので、こういった面でも電話番号を登録しておくと安心ですよ♪

またこちらの方法からもアカウントを復活させることができるので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Facebookでメールアドレスと電話番号のどっちで登録 まとめ

今回は『facebookで電話番号とメールアドレスどっちで登録?忘れた時の対処法!』としてご紹介しました。

Facebookのアカウント作成はどちらかひとつの登録で大丈夫ですが、セキュリティ面などからも電話番号を後から登録しておくと安心ですよ!

また、メールアドレスと電話番号両方忘れた場合にはユーザーネームからログインするか、友だちなどに協力してもらうことで復活できますので参考にしてみてくださいね!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド
cicloをフォローする
Ciclo choice
タイトルとURLをコピーしました