林真理子の経歴や出身学歴は?日大時代の衝撃エピソードとは?

トレンド
スポンサーリンク

日本大学の時期理事に就任が決まった作家としても活躍されてる林真理子さん。

ネット上では林真理子さんの日大理事就任に話題になっています。

そんな林真理子さんですが、現在の作家としての活動以外にもこれまでの経歴や出身学歴など改めてその人柄が気になる方は多いのではないでしょうか?

またご自身が女子大生時代だったときは今の印象とはまた違う衝撃日大時代エピソードもあるそうで…

そこで今回は『林真理子の経歴や出身学歴は?日大時代の衝撃エピソードとは?』としてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

林真理子の経歴やプロフィールは?

作家としての知名度や印象が強い方も多いかと思いますが、林真理子さんの経歴やプロフィールについて改めてご紹介していきたいと思います。

【林真理子プロフィール】

  • 生年月日:1954年4月1日(68歳)
  • 出身:山梨県山梨市出身
  • 学歴:山梨県立日川高等学校 → 日本大学藝術学部文芸学科卒業
  • 職業:小説家・エッセイスト
  • 事業:有限会社林真理子企画事務所代表取締役・日本文藝家協会理事長・日本ペンクラブ会員
  • 趣味:料理・オペラ鑑賞・歌舞伎観賞・観劇・大相撲観戦・食べ歩き
  • 特技:日舞(藤間流名取)

 

林真理子さんの経歴ですが山梨県出身で実家は書店だったそうです。

実家が書店だったことやお母さまが読書好きだったそうで幼少期から林真理子さんは書籍と親しみがあったのかもしれませんね。

\林真理子さんの作品が登録から31日間無料で観れるU-NEXTはこちら/

>>林真理子さんの作品や原作が登録から31日間見放題♪

▲U-NEXTなら気になる小説もドラマもアニメも楽しめますよ▲

しかし、そんな林真理子さんですが、幼少期は芸者になりたかったんだとか( ゚Д゚)!

小学校のころには合唱団に所属されてたり、日舞の資格も取られてたりするところからみるとかなり本格的にされてたのかもしれませんね。

余談ですが、NHK子ども音楽コンクール・TBS子ども音楽コンクールに出場したこともあったそうで、なんと山梨県1位の成績だったんだとか!

山梨県代表として全国大会にも出場されたことがあったそうですよ。

高校・大学を卒業後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座を受講された林真理子さん。

1979年に、西友ストアのPR雑誌『熱中なんでもブック』の編集スタッフとなったことがきっかけで、1981年には西友ストア向け広告コピー「つくりながら、つくろいながら、くつろいでいる。」でTCC新人賞を受賞されます。

そして1982年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』で、エッセイストとして本格デビュー。

デビュー作でベストセラー作家となった林真理子さんは、『最終便に間に合えば』『京都まで』で第94回直木賞を受賞しその活躍とともに世間で売れっ子作家の仲間入りを果たします。

その後も数多くの作品を執筆し、2018年には紫綬褒章を受賞

そして2022年現在でも作家としての活躍とともに今回日本大学の理事就任の話題が出て注目が集まっています。

そんな林真理子さんですが、今回理事就任に伴い、その学歴についてもさらに詳しくご紹介していきたいと思います。

林真理子の出身学歴は?

林真理子さんの出身学歴ですが、高校は山梨県立日川高等学校を卒業し、大学は日本大学藝術学部文芸学科を卒業されています。

今回時期日大理事に林真理子さん就任の報道がでて、著名人だから?と感じたかたもいるかもしれませんが、林真理子さんにとって日大は母校だったわけですね!

高校時代の林真理子さんは勉強よりも仲のいい男の子のお友達のご実家のブドウ作りを手伝ったり、公募で選ばれて地元山梨のDJなどをしてたこともあったそうです!

大学に入ってからは、テニスクラブに所属してたそう。

そして大学時代の4年間は、学問よりも常に「どうしたら恋人ができるのか?」と日々乙女の悩みを抱えてたそうですよ♪

しかし、その一方で、大学時代に懸賞論文の副賞でフランス・パリに行ったこともあり、大学時代にはすでに優れた文才を発揮されてたようですね。

ここまで林真理子さんの主に学生時代の経歴やプロフィールなどご紹介しましたが、実は林真理子さんはご自身が日本大学の女子大生時代は今とは違う?!衝撃のエピソードがあるみたいです!

日本大学の理事に就任予定の林真理子さんが学生時代はどのようなかんじだったのかご紹介しますね!

スポンサーリンク

日大時代はサボり魔だった?!

なんと今となっては数多くの場で活躍されてる林真理子さんですが、大学時代はサボり魔でよく遊んでいたんだそう(笑)

全然想像がつきませんが(笑)、林真理子さんの日本大学の女子大生時代はテニスやバイト、友達との時間を満喫してたんだそう♪

大学3年時にはお金持ちのお友達と仲良くなり一緒に過ごす時間がすごく楽しかったようです。

でも、その間にも読書の時間がとても幸せだったそうで、どちらかというとやんちゃだったというよりも恋愛やテニス、友達との時間に趣味の読書など、とても充実してた学生時代を過ごせてたのではないでしょうか?

林真理子さんの作品には恋愛や読者にとっても感情移入しやすい身近なものが多かったりするのも様々な実体験があるからなのかもしれませんね。

今回日大理事就任で、学生さんたちの気持ちがわかる親しみやすい理事として歴史ある日大に新しい風をふかしてくれるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回は『林真理子の経歴や出身学歴は?日大時代の衝撃エピソードとは?』としてご紹介しました。

日本大学の理事就任のニュースに話題になってますが母校であり、大学時代はご自身の人生においても充実してた日々だっただけにその経験や同じように学生の気持ちに寄り添える理事として今後ご活躍されるのではないでしょうか?

林真理子さんのご活躍に今後も目が離せませんね!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング参加してます★
トレンド
スポンサーリンク
cicloをフォローする
Ciclo choice
タイトルとURLをコピーしました