妊婦で保険入ってないが入るべき?帝王切開で4児ママの経験談!

子育て
スポンサーリンク

初マタママさんや現在妊娠中の妊婦さんにとって、出産までの日々は幸せも多いけどいろいろ心配もありますよね。

私自身、現在4児ママで長男を出産した後に三つ子を妊娠し出産しています。

上の子の時の妊婦生活は特に問題なく、そこまで保険について考えてなかったのですが、三つ子を妊娠した時に病院からもいろいろ言われたのもあり、保険を考えるようになりました。

しかし、ここでふと思ったのは『妊娠中なのに保険にはいれるのか?』ということなのではないでしょうか?

妊娠前って特に自分の体が健康だと保険に関してもそこまで気にかけなかったり、必要最低限のもののみという方もおおいですよね。

いざ妊娠すると、管理入院になったり緊急帝王切開になる可能性もあったり、出産まは最後まで何が起きるか誰も予想できません。

そんな時に保険があると安心なわけですが、いざ妊娠してから妊婦向けの保険サービスがあるものに加入できるのか?気になりますよね。

そこで今回は『妊婦で保険入ってないが入るべき?帝王切開で4児ママの経験談!』として妊娠中でも保険に加入することは可能なのか?

また、4児ママとして実際に保険に入るべきか必要かということについて私の経験談含めご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

妊婦で保険入ってないが入るべき?!妊娠後も入れるの?

結論から言うと、私の感覚だと入っておくと気持ち的にも安心だと思います。

もちろん経済的な理由もあるかと思いますし、人それぞれ事情もあるかと思いますが、妊娠後の管理入院や緊急帝王切開などある場合その入院費用など病院によってかなりの額になりますよね(;^_^A

もちろん各自治体によって、妊娠中の妊婦検診補助券や助成金などもありますが、出産まで普通分娩で、平日の昼間に出産で一般的な病院ですとその費用は平均で『50万』ほどといわれています。

妊娠経過に問題がなく、出産も正常分娩(妊娠37週0日から妊娠41週6日までに、帝王切開などの医学的な処置の必要なく終えた出産)だった場合、健診費用や出産費用は全額自己負担になります。その金額は、妊婦健診で平均で約10万円、出産費用は平均で50万円ほどかかります。

引用元:https://www.elevit.jp/ninshin/articles/worries/insurance/

健康保険に加入してる場合、出産一時給付金で42万は支給されますが、妊婦さんによって素敵な産院であったり管理入院などの場合、妊婦さんにより100万前後その費用が掛かることもあるそうです。

ちなみに私の場合ですが、上の子の時は普通分娩でいたが、休日であり初めての子供だったのもあり、地元で人気の産院での出産でした(主人よ、ありがとう(笑))

この時、妊婦さん向けの保険には特に入ってませんでしたが、最終的に60万前後の負担だったので、一時金や出産お祝い金などでなんとか補えたのを覚えています(;^_^A

そして、月日がたち三つ子を妊娠した際にそれまで保険なども子供の学資保険ぐらいしか考えてなかったのですが、転院し大学病院に移った際に医師から言われた一言が…

『三つ子なので6か月目から管理入院になりますね!出産は帝王切開です』

おいおい!まてまて!帝王切開ならまだしも6か月目から入院?!

しかも出産が早くなるとはいえ、約2か月半、がっつり管理入院ということはかなりの医療費が…( ゚Д゚)!

さらに先生からダメ押しで『妊娠4か月目にはシロッカー手術をしましょうね♪(←こんなノリの先生w)』との言葉が!

シロッカー手術とは双子や三つ子など多胎ママに行う手術なのですが、妊娠した際に赤ちゃんが早期で生まれてこないようにするための手術なんですよね。

そしてこのシロッカー手術では1週間の入院が必要。

そして、MFICUという妊婦さん版のICU的な特別室で管理入院とのことを一気に言われたわけです…!

その瞬間、医療費どうなるの?!という不安が(笑)

こちらは実際に私が入院してたMFICUのお部屋だったのですが、こんなことも妊婦さんには起こりえるってことなんですよね。

ただ、今の医療費は高額医療費制度があるので、帝王切開などで入院した場合、健康保険加入してる場合、申請することで収入に応じた限度額以上は費用負担しなくて大丈夫という素晴らしい制度があります。

妊娠・出産で医療費が高額になれば高額療養費制度によって窓口で支払った医療費のうち、保険適用の上限である「自己負担限度額」を超えた分が後日払い戻されます。しかし、あらかじめ加入している健康保険や国民健康保険に限度額適用認定証の交付を申請しておくと、窓口での支払いは自己負担限度額までで済むのでぜひ利用してほしい方法です。

引用元:保険市場

なので実際には何百万などの大きな支払いはないのでご安心してくださいね。

ということは、そこまで保険に入る必要ってないんじゃ?!と思うかもしれませんが、妊娠中の費用は医療費だけではありません!

ただあくまでも妊娠・出産に関する医療費になるので、上の子を緊急保育で預けるとなった場合やその他の面でもかなり出費は増えてきます。

これらの費用は自己負担となるわけですが、意外とかかるんですよね…

ということで保険に加入しておくことで家計を支えてくれる面でもプラスアルファで安心になるんです。

備えあれば憂いなし!妊娠中に自分が管理入院してしまって旦那さんや上の子だけになっても医療保険があれば、暮らしを支えてくれる生活費などに充てることもできますよね。

これは私自身三つ子を妊娠した時に強く感じたことなので、自分だけでなく残った家族やもちろんこれから生まれてくる赤ちゃんのためにも検討するのをお勧めします。

では妊娠中でも保険に加入することは可能なのか?そのあたりについてもご紹介しますね!

スポンサーリンク

妊娠中でも入れる保険は?おすすめを紹介!

妊娠中でも条件を満たせば加入できる保険はあります!!

気になるその保険とは、保険ガーデンさんの『妊婦さんのための医療保険 相談サービス』になります。

\WEBで簡単に無料相談可能!オンラインで気軽に♪/


▲「出産前の不安やお悩み」「赤ちゃんの急な体調の変化」など24時間365日お電話で無料相談出来るサービスが付帯されている保険内容も多数▲

数多く扱う妊婦さん向けの保険からあなたにあった保険内容を相談可能!

しかも帝王切開や管理入院だけでなく『悪阻』での通院や吸引分娩にも医療保険からお支払いされる可能性があるそうです!

しかも妊娠中って心も不安になることってありませんか(´;ω;`)ウゥゥ?

この保険ガーデンさんならオンラインで気軽に相談でき、保険の種類によっては妊婦さんの心にも寄り添ってくれる保険も用意されてるそうですよ!

そしてすごいのが、妊娠中だけでなく産後にも24時間365日対応してくれる保険もあるので、産後も安心して子育てできますよね。

出産して終わりではなく、産後も体や心など本当に心細く、かといって中々周りに相談しにくいんですよね。

無料で相談できるし、子育て中のママプランナーさんもいらっしゃるので心強い存在になるとおもいますよ!

>>妊婦さんのための 医療保険 相談サービス

保険って自分だと難しい内容だったり、たくさんありすぎてどれがいいのかわからないんですよね(;^_^A

あれやこれや不要なものまでトッピングして家計が大変~!なんてことにならないように、必要なものをしっかりプロに無料相談で自分に本当に必要なのか相談するだけでもすっきりするかと思います。

気になる方はぜひお気軽に保険ガーデンに相談してみてくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は『妊婦で保険入ってないが入るべき?帝王切開で4児ママの経験談!』としてご紹介しました。

妊婦さんでも条件により保険には加入できますが、専門知識や自分にはどれがいいのかわからないという方も多いかと思います。

そんな方にこそぜひ保険ガーデンさんであなたにぴったりの保険を相談してみてくださいね♪

優しくわかりやすく必要なものをしっかりお伝えしてくれること間違いなしですよ!

納得したうえで保険加入をぜひ検討してみてくださいね!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング参加してます★
子育て
スポンサーリンク
cicloをフォローする
Ciclo choice
タイトルとURLをコピーしました