竹内幸輔の経歴や出身学歴は?劇団員やお笑い芸人の過去も!

トレンド
スポンサーリンク

新テニスの王子様の天根ヒカル役でもおなじみの声優といえば竹内幸輔さんですよね。

そんな竹内幸輔さんが今回45歳で亡くなられたとの報道にネット上で悲しみや驚きの声が上がっています。

声優としての印象がある竹内幸輔さんですが、実はお笑い芸人の過去やドリフト選手権出場経歴があるのをご存知でしょうか?

そんな意外な一面なども踏まえ、今回改めて竹内幸輔さんの人柄を知りたい方も多いかと思います。

そこで今回は『竹内幸輔の経歴や出身学歴は?劇団員やお笑い芸人の過去も!』としてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

竹内幸輔の経歴や出身学歴は?

竹内幸輔さんの経歴やプロフィールについて今回の訃報をうけ改めて気になる方も多いかと思います。

竹内幸輔さんのお人柄や出身学歴などについてご紹介していきたいと思います。

【竹内幸輔プロフィール】

  • 生年月日:1976年7月4日(享年45歳)
  • 出身:秋田県大曲市
  • 血液型:A型
  • 身長:179㎝
  • 職業:声優
  • 出身学歴:日本大学中退
  • 公式Twitter:@takeutikousuke
  • 公式サイト:ケッケコーポレーション

 

竹内幸輔さんは秋田県出身でご結婚はされず生涯独身でした。

そんな竹内幸輔さんは新テニスの王子様などから声優としての印象が強い方も多いかと思いますが、実はお笑い芸人だった過去もあります。

そんな竹内幸輔さんの経歴やこれまでをふりかえってみると出身最終学歴は日本大学芸術学部音楽学科中退。

大学中退後は、劇団PROPAGANDA STAGEの結成に参加。

劇団員として経歴を積んだのち、桜塚やっくんと共にお笑いコンビ「あばれヌンチャク」を結成し、竹内幸輔さんはボケを担当されてたそうです。

その後桜塚やっくんはピン芸人として活躍、竹内幸輔さんは声優として活動をはじめコンビを解消。

友人に漫画家の新井祥がおり、新井のエッセイ漫画の中にもたびたび登場している。また、役者としての活動も行っている。

声優としても活動後、全日本プロドリフト選手権において2007年第5戦以降、ピットレポーターとしても活躍するなどその活動の幅はかなり広かったようです。

スポンサーリンク

竹内幸輔の出演作品は?

芸人としても劇団員としても活動されていた竹内幸輔さんですが、やはり声優としての活躍がかなり目立ってましたよね。

沢山ある出演作の中でも竹内幸輔さんのテレビアニメ出演作などについて改めて振り返りたいと思います。

テレビアニメ

2005年

  • アイシールド21
  • 韋駄天翔
  • テニスの王子様
2006年
  • 家庭教師ヒットマンREBORN!
  • capeta
  • 銀牙伝説WEED
2007年
  • 人造昆虫カブトボーグ V×V
2009年
  • 涼宮ハルヒの憂鬱
  • はっけん たいけん だいすき! しまじろう
2011年
  • デュエル・マスターズ ビクトリー 3シリーズ
2016年
  • くまみこ
2018年
  • ソラとウミのアイダ
  • ゴールデンカムイ

 

このほかにもナレーションやラジオ、テレビ番組など多数出演されています。

改めて今回の訃報に竹内幸輔さんの声優作品についてもう一度見たいという方も多いかと思います。

そんな方には登録から31日間無料で視聴し放題の『U-NEXT』がおすすめです!

竹内幸輔の出演作を31日間無料視聴したいなら

竹内幸輔さんの出演作をもう一度見たい!

そんなあなたにおすすめなのが、登録から31日間無料視聴し放題の『U-NEXT』がおすすめです!

\竹内幸輔さんが声優をされた作品が31日間見放題/

▲U-NEXTなら話題のドラマやアニメ・映画も見放題▲

 

U-NEXTでは竹内幸輔さんが声優として出演された新テニスの王子様やデュエルマスターズなどの作品が登録から31日間無料で視聴し放題なんです♪

しかも登録で600円のポイントも付与されるので気になってた雑誌や漫画なども購入できますよね!

もちろん登録も無料で31日間トライアル視聴後に自分で判断して解約することも可能です。

自分でレンタルしてみるとそれだけ費用もかかりますが、U-NEXTなら31日間の間は無料で視聴し放題なのでいいですよね♪

しかもアニメだけでなくドラマや映画も見放題!

テレビだけでなく、タブレットなどでも視聴できるので出先でも楽しめますよ♪

\31日間気軽にお試し♪/

▲U-NEXTを試したい方はこちらからクリックで詳細をみれますよ♪▲

スポンサーリンク

まとめ

今回は『竹内幸輔の経歴や出身学歴は?劇団員やお笑い芸人の過去も!』としてご紹介しました。

改めて早すぎる今回の訃報に驚きの声もありましたが、竹内幸輔さんのお人柄や経歴に濃い人生を送られてきたのかなと感じました。

竹内幸輔さんのご冥福をお祈りいたします。

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング参加してます★
トレンド
スポンサーリンク
cicloをフォローする
Ciclo choice
タイトルとURLをコピーしました