クッキングシートとアルミホイルの違いは?オーブンで代用できるか調査!

グルメ

料理やお菓子作りで使うクッキングシートやアルミホイル。

クッキングシートを使いたい時にアルミホイルならあるけど、クッキングシートがないというときや、その逆のパターンもあったりしませんか?

触った感じは異なるのはわかりますが、クッキングシートとアルミホイルの違いやそれぞれ使う面で代用はできるのか知りたい方もいるかと思います。

そこで今回は『クッキングシートとアルミホイルの違いは?オーブンで代用できるか調査!』としてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クッキングシートとアルミホイルの違いは?

クッキングシートとアルミホイルの違いは見てもわかると思いますが素材が違います

  • クッキングシート:金属製の薄い箔
  • アルミホイル:シリコーン樹脂加工グラシン紙

 

この二つの大きな違いはクッキングシートは電子レンジでの調理の際に使用できますが、アルミホイルは金属製でできているので電子レンジで使うことはできないという点です。

オーブン機能でクッキーやパウンドケーキなどの型や天板に敷く際のシートとしてはクッキングシートのほうが張り付かずきれいに焼き色など含め仕上がるのでクッキングシートがおすすめです。

オーブントースターなど長時間熱を加えることで表面が焦げるのを防いだりする際には耐熱性能が強いアルミホイルのほうが向いていますよ!

これは個人的にですが、子供や家族のお弁当などでおかずとの仕切りにはアルミホイルのほうがちぎったり形を作りやすいのでアルミホイルがおすすめです(^▽^)/

▼お弁当に子供が喜ぶ可愛いアルミホイルならコチラがおすすめです♪▼

▼BBQでも使える厚手のアルミホイルは一つあると便利です♪▼

では二つの違いが分かったところでアルミホイルとクッキングシートそれぞれについて改めて詳しくご紹介したいと思います。

クッキングシートってどんな紙?

クッキングシートといえば、オーブンでの調理で使うという方が多いと思います!

クッキングシートは熱に強いシリコーン樹脂加工グラシン紙でできたいます。

オーブン調理で天板に敷いたり、パウンドの焼き型などに敷いて使うことで型から取り出しやすくきれいな仕上がりになりますよね★

クッキングシートで魚などを包みオーブンで包み焼きなどにしてもおいしいですよ!

そんなクッキングシートですが、オーブン以外にも耐熱性能もあります♪

フライパンや蒸し器などで蒸し料理も作ることも出来るので、料理をヘルシーに仕上げることもできますよ!

使用後はそのまま捨てることをできるのも楽ですよね♪

また、クッキングシートは電子レンジでも使えるので、夏場の火を使いたくないときには電子レンジで蒸し料理を作るのもオススメです。

▼電子レンジで蒸し料理といえばこちらのシリコン容器だと繰り返し使えてエコですね▼

オーブントースターでクッキングシートを使う時は安全のため20分以内とされています。

オーブントースターだと長時間強い熱をあてることでクッキングシートの紙が燃えたりしないようにとのことから長時間の使用は勧めれれていません。

なので、オーブントースターではアルミホイルを使うのがおすすめですよ!

アルミホイルとは?

クッキングシートとは違い、アルミホイルは金属でできている箔です。

アルミニウムやアルミニウム合金でできた薄い箔であるアルミホイルは、JIS企画で0. 2mm以下の厚さのものと決められています。

アルミホイルは電子レンジでは使用できません

クッキングシートと違い使用する場面は少ないですが、トースターからの長時間の熱にも強く、オーブンで焼き菓子に焼き色をつけたくない時に蓋のようにすることで焼き色を防ぎます。

私がよくやるのはアルミホイルをクシャクシャにして、その上に味付けし一口大に切った鶏肉をオーブントースターで加熱すると余分な油が落ちてヘルシーに調理できるのでオススメですよ!

そのほかにお勧めなアルミホイルでの料理はずばり【焼き芋】!

濡らしたさつまいもに塗れた新聞紙でしっかりくるみ、アルミホイルで巻いてオーブンでじっくり焼くと甘くて美味しい焼き芋になりオススメです★

▼焼き芋用のアルミホイル付きのさつまいもなら失敗いらず!▼

ここまで読むとなんとなくクッキングシートとアルミホイルの違いに気付いてくれたかと思いますが、それぞれの代用についてもご紹介したいと思います!

アルミホイルとクッキングシートの代用は?

クッキングシートとアルミホイルをそれぞれ使いたい場面でないときの代用についてもご紹介しますね!

クッキングシートがない時にアルミホイルで代用するとしたらオススメなのは、『落し蓋』『蒸し料理』です。

電子レンジでは使えないアルミホイルなので、落し蓋や蒸し料理などで活用したり熱を使わない包むといったもので代用が可能です。

アルミホイルがない時にクッキングシートで代用するときもほとんど同じですが、トースターで使用する場合は長時間にならないようにだけ気をつけましょうね★

▼繰り返し使えるクッキングシートならいざという時にも安心ですね▼

▼冷蔵庫につけておけるから使用量も把握しやすいケースはコチラ▼

クッキングシートやアルミホイルの違いや代用についてご紹介しました。

今は繰り返し使えるエコなクッキングシートやアルミホイルのように焼き色防止やヘルシー料理できる代用品もたくさん出てますのでぜひ活用してみてくださいね★

クッキングシートやアルミホイルの違いや代用 まとめ

今回は『クッキングシートとアルミホイルの違いは?オーブンで代用できるか調査!』についてご紹介しました。

クッキングシートやアルミホイルの違いや代用を知っておくと、もしどちらかが無くなってたとしても慌てず安心ですよね。

また、クッキングシートやアルミホイルの代用となる繰り返し使えるエコな商品はほかにも沢山出ていますのでぜひ毎日のお料理に活用してみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました