ヤクルト1000で悪夢はなぜ見る?ストレスが原因なのか徹底調査!

トレンド
スポンサーリンク

現代人にとって睡眠について悩んでる方は多いのではないでしょうか?

そんな方にとって良質な睡眠にアプローチした商品として話題の『ヤクルト1000』。

実際に飲み続けた方からは“前より眠れるようになった気がする”“美味しいから続けられる”と人気のようです♪

しかし、そんなヤクルト1000についてある噂が…

それは『ヤクルト1000を飲むと悪夢をみる』というもの。

ストレス緩和で良質な睡眠サポートといわれるヤクルト1000ですが、飲むと悪夢をみる噂は本当なのでしょうか?

また、ヤクルト1000を飲むとなぜ悪夢をみるのでしようか?

そこで今回は『ヤクルト1000で悪夢はなぜ見る?ストレスが原因なのか徹底調査!』としてご紹介していきたいと思います。

ヤクルト1000のコンビニ入荷時間はいつ?Y1000との違いを解説!

ヤクルト1000の飲むタイミングは朝と夜どっち?効果的な飲み方も!

スポンサーリンク

ヤクルト1000で悪夢はなぜみる?

ヤクルト1000を飲んだところ悪夢をみたという方はネット上に多くありますが、なぜみるのかその原因について調べてみたところ…

ヤクルト1000で悪夢をみる原因は解明されてない

 

とのことで、ヤクルト側にもこのヤクルト1000を飲んで悪夢をみるのはなぜ?

ということについて現段階では判明してないのだそう。

ただ、一人二人ではなく多くの方がヤクルト1000を飲んで悪夢をみたという声があるのは何かあるのかな?

と調査をさらに続けてみたところ…

悪夢はストレス改善の一因であるかもしれないということです。人はレム睡眠中に夢を見ており、夢の内容にはネガティブなものが多いのですが、最近では悪夢にもポジティブな役割があると言われています。日中のストレスが多い状況における感情を、夢の中で事前に体験し、ストレスに慣れようとしているという説です。エビデンスもあって、心的外傷後ストレス障害の患者は、夢を見ることが多い人ほど早く回復するというデータがあります。

引用:ヤクルト公式「Yakult special 対談

と、ヤクルトの公式サイトでのSpecial対談でこのような見解がありました。

ヤクルトと聞くと『腸内環境改善』というイメージがありますが、このヤクルト1000は更に『ストレス緩和』にもアプローチしてるそうです。

ストレス緩和に関しては臨床試験で証明されてるそうで、ストレス緩和により睡眠も良質なものになるそうです。

悪夢ときくとネガティブな印象をうけますが、上記の対談にあるように実は悪夢もポジティブな意味があるそうです。

日々の暮らしで私達現代人はいろんなストレスを感じますよね(^_^;)

その中で悪夢をみることで睡眠中に日々のストレスに耐えれるよう訓練をしてるのかもしれませんね。

人間は悪い夢のほうが記憶に残りやすい

夢をみたときに良い夢よりも悪い夢を見たほうが記憶に残ってたりしませんか?

実はこの悪い夢のほうが記憶に残りやすいのは理に適ってるそうです。

「嫌な夢、いわゆる『悪夢』の方が記憶に残りやすいです。死や恐怖にまつわる夢って、やたら覚えていますよね。 世界中の研究データを見ても、自分が見た夢に関するキーワードはネガティブなものの方が多いんです。

引用元東洋大学webマガジン

もちろん私達的にはせっかくなら悪夢ではなくいい夢をみたいところですが…

私たちのみてる夢では良い夢もみてるかもしれませんが、記憶に残りやすい観点から朝起きたときに悪い夢をみたというふうに残ってるのかもしれません。

夢の記憶でいうと、ヤクルト1000を飲んだら記憶力が上がった!という声もありました。

このような声があるのも偶然ではなく、睡眠の質を向上させてることでスッキリ目覚めた朝などに脳が寝てる間に整理してる記憶が残ってたということなのかもしれません。

ではここからはさらに悪夢と睡眠の関係について更に調べてみたいと思います(^^)

スポンサーリンク

ストレスと睡眠の関係は?

ストレスと睡眠の関係についてどんな影響や意味があるのか調べてみました♪

不規則な生活や疲れからストレスを感じ、体内リズムが乱れ、不眠やうつ状態になる

 

のだそうで、ストレスと睡眠の関係はとても深いそうです。

ちなみに私たちの人生の1/3は睡眠してるんだそうですよ!

本来、睡眠は日々忙しく頑張る私たちの脳と体を休める役割なんだそう。

https://twitter.com/MiyasSkwm/status/1518240466017619970?t=RCxJ7sgleg5Azx5ZQPSFwA&s=19 

しかし、睡眠中も脳は省エネモードにはなるものの止まっていません。

睡眠時の脳が省エネモードのときは起きてた時に入ってきた情報を無意識に整理や分類しているのです。

このとき起きてる時に感じたストレスも睡眠中に処理してるそうですが、しっかり熟睡できてないとそのストレスもどんどん蓄積されていくとのこと。

つまり、ストレスと睡眠の関係は深いんてすね(^^)

ヤクルト1000は臨床試験でストレス緩和を証明されてるので、リラックスして睡眠も深くなり腸内環境と睡眠の両方を叶えてくれるといえそうです。

睡眠不足を感じたり、ストレスを感じてる方はまずは継続して試してみる価値があるのではないでしょうか?

お味はもちろん定番のヤクルトなので、美味しいのも続けやすいですよね!

スポンサーリンク

ヤクルト1000を飲んで悪夢をみた人は?

ではヤクルト1000を飲んで実際に悪夢をみたという方の声をまとめてみました。


と皆さん起きたあともしっかり覚えてる悪夢をみられたようで…

ただ、上記にあるように悪夢をみるのは気持ち的には憂鬱ですが、ネガティブな意味だけではないとの専門家の声もあります。

また、飲んで1〜2週間ほどで悪夢を見なくなり熟睡できるようになったとの声もありました。

よくファスティングなどでも好転反応などかありますが、あるいみそんな感覚に近いのかもしれませんね。

ちなみに、私も2週間ほど飲んでますが2度ほど悪夢はみましたが、それ以上にぐっすり一晩眠れてるので、飲み続けたいと思ってます(^^)

普通に寝てても悪夢をみることはあるので、ぐっすり一晩寝れるのは有難いと関してますよ♪

スポンサーリンク

まとめ

今回は『ヤクルト1000で悪夢はなぜ見る?ストレスが原因なのか徹底調査!』としてご紹介しました。

直接的な理由は解明されてませんが、どうやら日々のストレスを浄化するためにみてるのかもしれません。

実際に飲んでみて確かに一晩寝れるようになったので私自身は引続き続けたいと思ってます。

忙しい現代人こそ大切な睡眠。

こういったものは1日だけではなく、継続か大切なので気になる方はぜひ何日か継続してみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング参加してます★
トレンド
スポンサーリンク
cicloをフォローする
Ciclo choice
タイトルとURLをコピーしました