脳内メロディ症候群は実在する?イヤーワームになりやすい人や原因は?

トレンド
スポンサーリンク

世にも奇妙な物語で生田絵梨花さんが演じたOLが脳内メロディ症候群を発症し、脳内に流れるメロディと同じ行動をとらないといけないというストーリーに話題になっています。

この物語を見た人は『脳内メロディ症候群』って本当にあるの?!

と、脳内メロディ症候群について実在するのか気になった方も多いのではないでしょうか?

誰もが一度は経験したことがある、頭の中で突然音楽が流れる現象。

これ自体は『イヤーワーム』と呼ばれる現象だそうですが、このイヤーワームと脳内メロディ症候群についての違いやなりやすい人など興味ありますよね。

そこで今回は『脳内メロディ症候群は実在する?イヤーワームになりやすい人や原因は?』としてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

脳内メロディ症候群は実在する?

結論からいうと脳内メロディ症候群は実在しません!

あくまでも世にも奇妙な物語で放送された物語なんだそうです。

ちなみにこちらの原作はなく、脚本家の天本絵美さんが今回の世にも奇妙な物語で書いた完全オリジナルストーリーだったそうです♪

生田絵梨花さんご自身も演じた役柄内での脳内メロディ症候群に対してこのように話しています。

脳内に流れたメロディに沿った行動をとらなければならないということで、頭も心も忙しかったです(笑)。こんな症候群が実際あったら大変だけど、おかげで半ば強制的にいろんな面を引き出していただきました。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e4780eaff77c8de10352d2b4efebe0dbc87f293d

確かに脳内で流れた曲と同じ行動をとらないといけないというのは大変ですよね(笑)

ただ、この脳内メロディ症候群という病気は実在しませんでしたが、同じような症状で『イヤーワーム』という症状があるようです。

このイヤーワームについて調べてみたのでご紹介しますね。

スポンサーリンク

イヤーワームとは?なりやすい人の特徴も!

よく頭のなかで何度も同じ曲をリピートしてしまう。

忘れられず、ある曲がずっと頭の中で流れてるといった経験ってありますよね。

このことを『イヤーワーム』というんだそうです。

イヤーワームとは、歌または音楽の一部分が心の中で強迫的に反復される現象である。「 音楽が頭にこびりついて離れない」と表現されることもある。「 ディラン効果」と大まかな意味は一緒である。

引用元:ウィキペディア

フィンランドのアールト大学で1万人以上の方を対象としたイヤーワームになりやすい人の実験や調査をしたところこのような方々がイヤーワームになりやすいんだそうです。

  • 「若い人」「女性」「日頃からよく音楽を聴く」という方がなりやすい
  • 曲のジャンルは関係なくおこる
  • 最新の曲を聞いたときにイヤーワームになりやすい

 

あくまでも個人差はあるようですが、日ごろから音楽をよくきく若者や女性などでイヤーワームになりやすいんだそう。

確かに私もスーパーなどにお買い物に行くと最新の曲がかかっていて頭からその曲が離れなくなるといったことがある気もします♪

イヤーワームの原因は?

ではなりやすい人だけでなくイヤーワームの原因ってなんなのか?こちらに関しても調べてみました。

  • 不安を感じやすい
  • 音楽に触れる回数が多い
  • 頭の回転が速い

 

音楽をよく聞くというのはなんとなく想像できますが、脳内がつねにフル稼働状態で物事を考えたり、頭を使ってるときにその反動で起こるのかもしれませんね。

イヤーワームは無意識で起こるんだそうで、この現象を止めたい!と感じたら集中を別のところにそらすのがおすすめなんだそう。

脳が疲れてるのかも…と自分をいたわって少し休憩したりリラックスするのもいいのかもしれませんね★

▼頭をほぐして気分転換すると作業効率もアップ♪▼

▼リラックスしたい方にはサプリメントで内側からケアもおススメ♪▼

むりに頭の中で流れる曲を止めようとストレスを感じるのではなく、『私頑張ってるな~』とうけいれて少し休憩してみてくださいね♪

スポンサーリンク

まとめ

今回は『脳内メロディ症候群は実在する?イヤーワームになりやすい人や原因は?』としてご紹介しました。

脳内メロディ症候群は実在しないことが判明しましたが、似たような症状でイヤーワームというものがあることがわかりました。

イヤーワームは誰もが実感するとのことで特にそこまで心配しなくても大丈夫とのことでしたが、脳が頑張りすぎてる可能性や不安を抱えてる状態なのかもしれません。

そんな時こそ少し休息する身体からのメッセージなのかなととらえてみて過ごしてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキング参加してます★
トレンド
スポンサーリンク
cicloをフォローする
Ciclo choice
タイトルとURLをコピーしました